お布団からお送りします(笑)おススメ書籍。

寒くなってきましたが皆様風邪などひかれてませんか?わたしは朝お布団から出られない病気になりました。オフトゥンが離してくれない…。というわけで本日はお布団からお送りします。

寝る前に読書をするのが習慣になっているので、私の枕元はいつも本で溢れかえっています。
小説、漫画、詩、自己啓発本…ジャンルを問わずなんでも読むのですが、今日は私のおすすめの本を紹介したいと思います!いぇーい!!これで年末年始の暇潰しもバッチリだぜ😃✌️炬燵とみかんもあれば最強。

まず、正月じゃなくてもいつでもいいからとにかく読んでほしいのが宮沢賢治先生の「銀河鉄道の夜」です。有名だね!!子供の時に読んだ人も多いと思います。そんな方にも、大人になった今もう1回読んでもらいたい1冊です。

そして合わせて読んで頂きたいのは長野まゆみ先生の「賢治先生」という作品😤
この本では銀河鉄道の夜で登場したカンパネルラが賢治先生と対話します。
長野まゆみ先生の作品に登場する美少年たちには、賢治先生の童話に見られる透明感、雨ニモ負ケズで語られた何者かになろうともがく、未完成だからこその美しさなど、賢治先生の作品に通ずるところがたくさんあるように思います。しんどい好き。(ここまでオタク特有の早口)

宮沢賢治先生の童話や詩は青空文庫っていう、著作権が消滅した作品や著者が許諾した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館で無料で読めるので是非読んでください!語りましょう!😫

続いて、一旦宮沢賢治から離れましょう。

人生に於いて、色々な場面で救ってくれるのがこの本!
「チーズはどこへ消えた?」
はい。これも有名ね。
すごく薄いけど万能です。嬉しいこと悲しいこと楽しいこと、どれも永遠ではない。いち早く変化に気づいて行動を起こすことが大切。チーズを求めるネズミと小人が充実した生活を手にいれるため、それぞれが行動に出る。何度読んでもためになります!

最近は続編の「迷路の外には何がある?」も出ています。私まだ読んでないけど機会があれば読んでみようと思います☺️

まだまだ紹介したいのは10冊以上ありますが長くなるからラストにします💦

あっ、どうしよっ、迷う😭

でもやっぱり最後はこれでしょうか!

「新撰組血風録」!!!

はい!好き!司馬遼太郎先生!
読みましょう!語りましょう!華神楽内でも必読書となっております!?

これで三が日はバッチリですね🤗
私は三が日は、鬼滅の刃とゾンビランド佐賀を一気見しなくてはいけないから忙しい💦💦

最後までオタクの戯れ言に付き合ってくださりありがとうございました🙇

次回のブログ担当は黄色担当のリサちゃんです🎵お楽しみに!